Support systemサポート制度について

  1. サポート制度について

入学から卒業後まで
しっかり学べる安心のサポート制度

学生・社会人から、主婦、70代のおばあちゃんまで。年代も立場も違う誰もが安心して学べるように、様々なサポートをご用意。入学前から卒業後もずっと、メディカルアロマに関わる人をサポートし続けます。未経験から癒しのプロに!総合学園ならではの手厚いサポートで夢を実現します。

だから私たちはJOT

通学サポートAttending school support

サポート1

無理なく通えるサポートが充実!
「働きながら学びたい」「家事の合間に勉強したい」といった人のために、さまざまな制度をご用意。特に「フレックス制」「無料振替・再受講制度」は、自分の ペースで学びたい人には嬉しい制度です。ほかにも「WEBレッスン予約」「現場実習」「セレクト講座(有料)」などで受講生をサポート。あなたのライフスタイルに合わせた十人十色の通い方ができるのです。

学習サポートLearning support

サポート2

技術と知識がしっかり身に付く
業界で長く活躍できることを目的に、JOTでは高い技術と確かな知識を身につけたプロのセラピスト育成に力を入れています。
幅広い知識を必要とするメディカルアロマですが、大学医学部教授や医学博士など、様々な分野のプロたちが、分かりやすく指導を行い、万全の学習サポートで、初心者からプロセラピストへと育てます。

就職・開業サポートFinding employment,
opening of business support

サポート3

一人一人の夢を手厚くサポート
提携する医療機関の数は450施設。全体では826施設と提携。医療機関とも太いパイプで結ばれたJOTカレッジのネットワークを最大限に発揮。JOTで学んだ技術と知識を活かせる就職が実現できます。また、独立開業といった夢も手厚く徹底サポート。数多くの卒業生が、第一線で活躍しています。

卒業後サポートSupport after the graduation

サポート4

卒業してからも、ずっとサポート
技術や知識を日々高めることで、年齢を重ねてもずっとつづけられるセラピストのお仕事。JOTはみなさんの学びたい気持ちを卒業後も大切にします。受講した講義を卒業後、何度でも受講できる「無料再受講制度」や、就職・開業後の疑問や不安についても気軽に相談いただける「個別相談」など卒業後もみなさんが安心してそれぞれの夢に挑戦できる。それがJOTの卒業後サポートです。

JOTは子育て中のママを応援しています子育てママサポート制度

子育てママサポート制度

家族の笑顔と健康のために
そんなママ達の子育てと学びの両立をサポート

JOTでの学びは、仕事もちろん家庭の中で役立つこともたくさん。
そのため、自分自身や家族の健康のためにメディカルアロマを学びに通う生徒さんも多くおられます。
また、子育てがひと段落し、仕事を考えはじめた時には、身につけた知識や技術を新たなお仕事に役立てることも。お家でサロン開業や、教室開校などの夢も広がります。
自分のため、ご家族のため、頑張るママをJOTはさまざまなサポート制度でバックアップします。

お子さんの行事や急な発熱でも大丈夫!無料振替受講制度

「学校の行事が入った」「子供が突然、熱をだした」などの急な予定で受講ができなくなった時、その講座を別の日程に振替て受講することができます。キャンセル料など一切ない無料の制度なので安心して通えます。

子供が学校にいってる間に通える!平日昼間クラスを開講

子育てママが通いやすい平日昼間クラスを開講。通学期間も制限がないので、週1回ペース、週2回ペースなど、ライフスタイルに合わせて無理なく通学頂けます。

保育所への提出書類を作成!通学証明書を発行

お子さんを保育所に預けるために必要となる証明書類を作成いたします。お気軽にご相談ください。

ママでも無理なく通える!通い方例

新井静子さん

新井静子さん 42才 主婦
子供がまだ小さくて、幼稚園の行事も多い...
平日のお昼間に通うのがマイスタイル!

カレッジには週に2日のペースで通っています。あとの日はパートや家族揃って過ごす時間にあてています。子供が幼稚園に行っている時間帯に通え、熱を出してお休みした場合にも無料振替制度があるから助かってます。通い始める前は本当に続けられるか心配でしたが、同じようなママさんも多く、無理なく通えています。
また、アロマを学びはじめたことで、子供と一緒にアロマのクラフトを作ったり、旦那の体を借りて、トリートメントの練習をしたり、家族との過ごし方も変わってきました。今は自分や家族の健康のために通っていますが、いずれは、より多くの人に学んだ知識や技術を役立てられたらいいなと思います。

Page Top