1. メディカルアロマとは

メディカルアロマで
「治る力」を引き出す21世紀の医療
それが「統合医療」です

心と体のバランスを崩すことで起こるさまざまな不調。これに対して心身ともにアプローチできる新しいケアテクニックとして
注目されているのが、統合医療の考えに基づくメディカルアロマです。

メディカルアロマは、アロマセラピーの知識だけでなく、心理学や基礎医学、カウンセリング学など、
幅広い知識を用い、精油の機能や効果を心と体の不調に活かし、人を健康へと導いていくのです。

\ 特徴 1

特徴1

フランス発祥の芳香療法
医療行為として認められている国も
ヨーロッパでは昔からハーブがとても身近な存在で、人々の暮らしに寄り添ってきました。特にフランスやベルギーでは、代替・補完医療としてのアロマセラピー「メディカルアロマセラピー」の活用が活発です。

\ 特徴 2

特徴2

西洋医学ではフォローしきれない
メンタル面での不調ケアに有効
メディカルアロマセラピーでは、香りが脳に伝わり心に作用する仕組みを活用しています。その仕組みは科学的にも解明されてきており、香りの癒し効果と精油の薬理作用でメンタル面の不調に効果を示すことが期待できます。

\ 特徴 3

特徴3

認知症予防や終末期ケアなど
日本でも医療現場への導入も進む
日本では西洋医学を補完する代替医療としてメディカルアロマセラピーの導入が進んでいます。また、治療だけでなく、疾病の予防や健康増進に役立たせることを目的とした活用法も広がりつつあります。

自然の中にある「治る力」を最大限
に引き出す療法が「統合医療」
»統合医療とは

さまざまな医療現場で
メディカルアロマの導入が進んでいます
メディカルアロマに
医師も注目

医療現場1

メディカルアロマを学びにJOTへ

医誠会病院 医師/寺田 桜子先生

薬は最終手段。どんな患者さんにも寄り添える、おせっかいなくらいの医師を目指して

多くの人がストレスを抱えながら生きる現代社会。そんな社会を上手に生きていくためには、ストレスを自分自身でコントロールすることも大切に感じます。人とぶつかった衝撃で受けるストレスが意識から完全に消えるには2時間かかる...ところが、香りの力を借りると、人は数秒でそのストレスから開放されるという話を聞きました。私は今医師として働きながら、アロマセラピーに興味を持ち学び始めたばかりです。精油を勉強していくと、薬に似た効果があることを知りました。西洋医療の現場では、原因の分からないものについては対処ができず、原因不明の症状をうったえる患者さんがたらい回しになる例も。「どんな症状の患者さんにも寄り添える医師になりたい。アロマはそのひとつの手段になるかも」そんな期待が高まるとともに、薬の代わりとして使えるからこそ、逆に精油が併せ持つ危険な面には注意が必要だと感じています。メディカルアロマセラピストとしてアロマを勧めていく立場にある人は、しっかりと学んで確かな知識を身につける責任があると思います。

医療現場2

内科クリニックでのメディカルアロマ導入

正木クリニック 院長/正木 初美先生

少しでも多くの患者さんを元気に。 統合医療の一環として、メディカルアロマの可能性を感じています

病院では、診察をして必要であれば検査をし、お薬を処方しますが、検査で異常がなくても「何となくつらい」「疲れがとれない」という方や、更年期の女性であれば、不定愁訴に悩む方も多くいらっしゃいます。臨床医として日々患者さんと接する中で、西洋医学主流の医療だけではケア出来ない症状があると感じ、一人ひとりをより良い状態に導いていく為には、心身全体を診る代替医療も組み合わせた、統合医療的な観点をもった関わり方が必要なのではないかと感じてきました。日々、患者さんが抱えるつらさをもっと和らげて差し上げられないかと模索する中、出会ったのがメディカルアロマ。自身も施術を受け、予想以上に前向きな気分になれたことに驚き、メンタル面に働きかける力や精油の薬理作用に可能性を感じて、導入を決めました。アロマセラピーなら、薬とはまた違うアプローチで、患者さんの心に寄り添い、皆さんがもっと楽に、もっと前向きに、より元気に過ごせるお手伝いができるのではないかと考えています。

医療現場3

専門医も認めるメディカルアロマの可能性

淀川キリスト教病院 整形外科専門医/阿波 康成先生

現代医学が向かっている方向性とアロマセラピーの可能性

嗅覚の認知は脳で行われているので、香りが脳に働きかけて自律神経に作用し、ゆったりとした気分を引き出すことは十分に考えられます。特に痛みに関しては心の持ちようといった点も大きいため、香りを積極的に利用していくのは患者さんにとっても良い結果を生むように思います。医師の間でも、アロマセラピーに関しては肯定的な考えを持っている人もおり、今の医療現場において、香りで心に働きかけるものとして、ここまで体系が確立されている物が他に無いため、今後、重要な役割を果たしていく可能性はあると思っています。アロマセラピーが医療行為として認められているヨーロッパ諸国と比べると、まだまだではありますが、産婦人科や介護施設、老人施設など、徐々に導入される現場も広がっています。おもに地域医療を中心に、アロマセラピーの効能を実感できる事例などが増えつつあるので、その事例が集まっていけば、将来的には、ある海外の国のように調剤薬局でアロマが処方されるという未来も面白いのではないかと思っています。

医療現場4

医学博士が語る「統合医療」のススメ

フラワーロード服部内科医院 医学博士/服部 かおる先生

自然治癒力を最大限に引き出す統合医療に注目

統合医療は現代西洋医学を中心に据えて、様々な代替医療をその方に最も適したかたちで取り入れています。漢方やサプリメント、鍼灸、指圧、整体などもそうですし、アロマセラピーやリフレクソロジーなども代替医療として有効です。
例えば頭痛ひとつをとってみても、薬を処方するだけでなく、クライアントの生活スタイルや環境、性質などもカウンセリングし、頭痛の原因が精神的なものであればアロマセラピーをすすめたり、コリからくる頭痛なら指圧や鍼灸などを紹介する場合もあります。私たちの身体には自ら治ろうとする力、すなわち自然治癒力が備わっており、それを最大限に引き出す医療が総合医療なのです。

  1. 医療機関でのメディカルアロマ導入事例

メディカルアロマテラピーの疑問を解消!メディカルアロマに
ついてのQ&A

Q&A1

メディカルアロマセラピーってアロマセラピーと何が違うの?

アロマセラピーは家庭などで利用できる癒しの方法で、メディカルアロマセラピーはより専門性が高く、医療機関などでも利用できる代替・補完療法です。

メディカルアロマセラピーは、西洋医学ではフォローしきれないメンタル面や不定愁訴、各種感染症や緩和ケアなどに対し、精油を用いて総合的にケアする方法です。統合医療の一つとして、チーム医療の現場でアロマを取り入れ、役立てていくことも可能です。

Q&A2

メディカルアロマセラピーってどんなことを学ぶの?

香りによる心地よさに加え、精油の成分や薬理効果、身体のメカニズム、心理学、医療・健康への応用まで、代替医療としてのアロマセラピーを幅広く学習します。

メディカルアロマセラピーの基礎から応用までを詳しく学びます。
精油の薬理作用や病気のメカニズムを理解し、症状別ケア方法や心理学、コミュニケーション法についても学んでいきます。エビデンスに基づく知識や技術を身につけます。

Q&A3

メディカルアロマを学ぶと、どの様に活躍できるの?

メディカルアロマセラピーを学ぶことで医療業界でも通用する高い知識と技術をもった専門家(プロ)として活躍することができます。

病院やクリニック、福祉施設、訪問看護などの現場で、医師の指導のもと、高いスキルを持ったセラピストとして活躍することができます。特に、産婦人科、心療内科、皮膚科、歯科医院、鍼灸院、整骨院など、活躍の場も広がっています。

Q&A4

どんな人がメディカルアロマを学んでいるの?

18才から72才のおばあちゃんまで全国各地から
数多くの生徒さんが学びに来られています。

医療機関から注目のメディカルアロマ。"就職"や"開業"を目指す方たちが全国各地からJOTに通われています。また、健康に意識の高い方も多く、上は72才のおばあちゃんまでが精油や身体の知識を深める目的で通われています。

Q&A5

メディカルアロマセラピーの資格にはどんなものがありますか?

内閣府が認証する「日本統合医学協会」の資格が取得できます。全国の医療機関や福祉施設で、「メディカルアロマセラピスト」の需要が高まっています。

日本統合医学協会が認定する「メディカルアロマセラピスト」の資格は、多様な疾患による不調にメディカルアロマでアプローチできる専門家を認定する資格。プロフェッショナルの証として医療・福祉分野への就職、転職の強い味方です。

Q&A6

小さな子供や高齢者への施術は可能ですか?

特別な配慮が必要なお子さんや高齢者の方に対してこそ、メディカルアロマの知識や技術が必要です。きちんと見極めることで施術は可能です。

「クリニカルアロマ」では、妊婦さん、お子さん、高齢者、持病をお持ちの方などへの施術を想定し、精油の薬理作用や利用法を学び、医師と連携しながら、安全にメディカルアロマセラピーを実践していく知識や技術を身につけます。

Page Top