Medical aromatherapist courseメディカルアロマ
セラピストコース

  1. メディカルアロマセラピストコース

メディカルアロマセラピストコース

メディカルアロマ
セラピストコース
アロマと医学、双方の知識を
兼ね備えたセラピストを目指します

身体の仕組みや心理学、ハーブなどの知識を踏まえ、アロマが心と体に働きかけるメカニズムを理解します。また、メディカルな視点でアロマセラピーを捉え、各症状に効果的な精油を用いて行うトリートメント法もマスター。医療業界で通用する高い技術を身につけたセラピストを目指します。

医師・看護師・薬剤師・介護士など、
医療・福祉系の国家資格取得者をお持ちの方は
こちらのコースをご覧ください。

取得できる資格内閣府認証日本統合医学協会認定

  • メディカルアロマセラピスト
  • 心理カウンセラー
  • クリニカルアロマインストラクター
習得時間
約6ヶ月 毎月開講
時間数
48単位
開講時間
学科はオンライン授業(いつでも受講可)
実技は土曜日若しくは集中講座
授業料
入学金:30,000円(税込33,000円)/授業料:200,000円(税込220,000円)
その他:40,000円(税込44,000円) ※教科書・実習材料・資格認定費

※分納制度あり、国の教育ローン指定講座

卒業後の進路

病院で医師の指示のもとアロマセラピーを行ったり、芳香で院内空間を整えるなど、「メディカルアロマセラピスト」としての活躍がめざせます。産婦人科や心療内科などの求人も増加。身につけたスキルは、医療分野だけでなくサロンでも高く評価されるでしょう。

主な就職先

  • 病院(外科・内科・整形外科・産婦人科など)
  • 整骨院
  • 鍼灸院
  • 心療内科クリニック
  • メディカルアロマサロン
  • リラクゼーションサロン
  • サロン開業など

オンラインシステムを導入。より学びやすくなりました
»詳しくはこちら

通学(実技)とオンライン(学科)を組み合わせて学べるので、時間に縛られずに学習が可能です。

  • 自分のペースで
    いつでもどこでも
  • 自分の理解度が
    分かる
  • 通学コストも
    大幅削減

コースの特徴

\ コース特徴1精油の基礎から、医学、心理学の知識まで学習
精油の基礎から医療への応用方法まで学ぶ「統合医療とアロマセラピー」。不調の原因になりうる心の問題や、その援助方法を学ぶ「心理学」「カウンセリング学」。人間の身体の構造への理解を深め、より効果的に精油を活用する知識を磨く「基礎医学」、アロマと同様、安全に生活習慣病や疾病予防に役立つ「メディカルハーブ基礎」など総合的に学習。

コース特徴1

\ コース特徴2医療現場で活用できる高度な技術や知識を習得
医療現場からサロンまで幅広く活用できる「アロマトリートメント」の高度な手技が学べます。「クリニカルアロマ」は、妊婦さんやお子さん、高齢者の方などへの活用を想定し、特定の身体症状に対して効果的に作用する精油の利用方法などを身につけます。

コース特徴2

\ コース特徴3メディカルアロマ、心理カウンセラーなど3つの資格取得がめざせる
医師や医療系国家資格取得者をはじめ、専門講師が丁寧にわかりやすく指導するので初心者でも安心です。また、カリキュラムの最後に行う学内での認定試験に合格することで、日本統合医学協会認定の「メディカルアロマセラピスト」「心理カウンセラー」「メディカルアロマインストラクター」の3つの資格が同時に取得可能となります。

コース特徴3

カリキュラム概要

1統合医療とアロマセラピー

統合医療とアロマセラピー
精油の作用や種類、その活用法から、医療への応用まで幅広く学習します。カリキュラム詳細を見る
メディカルアロマセラピー入門 精油の種類や活用法、安全な使用方法などの基礎を固めるとともに、代替医療についても学びます。
【制作実習】ルームスプレー
アロマセラピーのメカニズム 精油がどのような経路で人体に作用するのかを理解します。
【制作実習】オードトワレ
精油の化学/基材 精油や植物油を科学的に捉え、成分の組成を学ぶとともに、基材の利用法なども学習します。
【制作実習】クレイパック
精油学Ⅰ 柑橘系やハーブ系の香りを中心に、消化器系や婦人科系で使用する12種類の精油を学習します。
【制作実習】ボディスクラブ
精油学Ⅱ 森林系の香りを中心に、内科や整形外科で使用する12種類の精油を学習します。
【制作実習】バスソルト
精油学Ⅲ 花や木の香りを中心に、皮膚科を含む様々な診療科で利用できる12種類の精油を学習します。
【制作実習】ボディーパウダー
メンタルアロマ セルフチェックを織り交ぜながら、メンタルに使える精油の活用法や心理アロマについて学びます。
【制作実習】蜜蝋クリーム
医療・健康への応用 病気のメカニズムを理解し、メディカルアロマを代替医療に組み込む方法や活用法を学びます。
【制作実習】トリートメントオイル

2アロマトリートメント

アロマトリートメント
アロマを用いたトリートメントテクニックとともに、セラピストに必要なマナーも身につけます。カリキュラム詳細を見る
トリートメント概論 アロマトリートメントの目的、作用、禁忌事項、セラピストのマナー、ハンドトリートメントの実技を学びます。
脚裏のトリートメント うつ伏せで脚のトリートメントを行い、三大手技の身体の使い方を修得します。
背部のトリートメント 基本手技を背中で反復練習。背中の軽擦の身体の使い方を修得します。
背面トータルトリートメント 脚・背中の技術力アップを図るトータルレッスン。背面の手技をしっかり復習します。
脚表のトリートメント 仰向けで脚のトリートメントを行うほか、腹部のトリートメントも修得します。
デコルテのトリートメント 首から肩、デコルテのトリートメントを行うほか、腕のトリートメントも修得します。
表面トータルトリートメント 脚・腹部・腕・デコルテの技術力アップを図るトータルレッスン。表面の手技をしっかり復習します。
総合・ボディトリートメント 各パーツごとに学んだ手技の総まとめとして、全身トリートメントを行います。修了試験対策として技術チェックも行います。

3心理学

心理学
心理学知識を用いて人の心にアプローチするために、心の病とその対処法を学習します。カリキュラム詳細を見る
心理学①② メンタルセラピーとは何か、心理学とは何かを学び、その役割について理解を深めます。
心理学③④ 『無意識』『自我』『トラウマ』『コンプレックス』など心理学を学ぶうえで必要となるキーワードについて理解を深めます。
心理学⑤⑥ 身近に起こりうるうつ病やPTSD、パニック障害など心の病に関する知識や対処法を身に付けます。
心理学⑦⑧ 人の生き方や価値観に関する障害で、代理ミュンヒハウゼン症候群、パーソナリティ障害、依存症、性同一性障害などの障害を学びます。

4カウンセリング学

カウンセリング学
心理的サポートを行なうための状況把握方法や援助手法を学び、実践的技術を身につけます。カリキュラム詳細を見る
カウンセリング学①② 「カウンセリングとは何か」を学び、必要とされる現場や適性、心構え、基本手順など、ベースとなる基礎を固めます。
カウンセリング学③④ 来談者中心療法、認知療法、行動療法など代表的な手法について学びます。また家族の在り方や円滑な相互関係の在り方などについて学びます。特に「認知療法」はケーススタディを用いて実践的に学びます。
カウンセリング学⑤⑥ 箱庭療法、アートセラピーについて学びます。アートセラピーでは『風景構成(画)法」を実際に体験しながら学んでいきます。
カウンセリング学⑦⑧ ピアカウンセリング、ゲシュタルト療法、催眠療法、グリーフカウンセリングなど、様々なカウンセリングの手法を学びます。

5メディカルハーブ基礎

メディカルハーブ基礎
生活の中にハーブを取り入れ、美容や健康、疾病予防へと役立てるための基礎知識について学びます。カリキュラム詳細を見る
メディカルハーブ入門 ハーブの基礎知識や歴史、ハーブティの飲用における注意事項を学ぶほか、統合医療におけるメディカルハーブの役割などを学習します。
メディカルハーブ各論① ハーブの取り扱い方を学び、一般的に愛用されるジャーマンカモミールやハイビスカス、ペパーミントなど代表的なハーブの特徴を学習します。
メディカルハーブ各論② エキナセアやネトルなど古くから疾病の予防や健康増進に用いられてきたハーブを中心に学習します。
メディカルハーブ各論③ 近年の研究において効果効能が注目されているフェンネルやセントジョンズワート、マルベリーなどのメディカルハーブを学習します。

6基礎医学

基礎医学
臓器や骨格・免疫機構などの構造と働きを理解し、人間の身体機能について学習します。カリキュラム詳細を見る
細胞と組織 解剖学とは何かといった基礎から、動物の基本構造である細胞について学びます。
骨格系 人体にはいくつの骨がどのように存在しているのか。またその役割も学習します。
運動機能系 骨の詳細から筋肉の基本・運動構造も学びます。
筋系 人体にある約600個の筋肉から、重要なものをピックアップして学習します。
中枢神経系 神経の成り立ちのほか、脳と脊髄について学びます。
末梢神経系 運動神経や知覚神経といった末梢神経、嗅覚や視覚などの感覚の成り立ちを学びます。
消化器系 食べたものが体内でどのように変化し、栄養素として吸収されるのか。健康的なダイエット法も併せて学習します。
呼吸器系 人体に取り入れられた酸素はどうなるのか。呼吸のメカニズムを学びます。
循環器系 血液の役割や血液循環の原動力である心臓について学ぶほか、心臓や血管の疾患も学習します。
免疫系 自己防衛機能について多角的に学ぶとともに、免疫機能を高める方法も学習します。
内分泌系 ホルモンが人体をどのようにコントロールしているかについて学習します。
泌尿・生殖器系 尿の生成過程について、腎臓を中心に学ぶとともに、月経周期についても理解を深めます。

7クリニカルアロマ

クリニカルアロマ
妊婦や子ども、高齢者へのアロマセラピー療法を中心に症状を改善する方法を修得します。カリキュラム詳細を見る
精油の化学 精油の芳香成分や薬理成分について学び、アロマセラピーが心と体に及ぼす影響を学びます。
皮膚疾患と精油 皮膚の健康を健やかに保つために使用される精油や活用方法を学びます。
循環器疾患・リンパ系への活用 生活習慣病の予防や生活改善に特化した精油を学びます。日常のホームケアに有効なむくみ対策方法を習得します。
運動器と精油 精油を用いて運動器へのアプローチ方法を学び、スポーツ現場におけるアロマセラピーの応用に役立てます。
消化器・呼吸器疾患と精油 消化器と呼吸器系疾患の予防を目的として、不調の緩和のための精油活用方法を学びます。
ストレスと内分泌系に対する精油 ストレスによる自律神経のトラブルやホルモンの乱れについて学び、ホームケアに活用できる精油の取り扱い方を習得します。
マタニティケアとチャイルドケア ライフステージ別の活用方法を学習します。第1弾はマタニティケアと乳幼児を対象にした精油の取り入れ方を学びます。
高齢者へのケアについて ライフステージ別の活用方法を学習します。第2弾は高齢者と介護者を対象にした精油の取り入れ方を学びます。

8その他科目

その他科目
カリキュラム詳細を見る
修了試験 学科試験/実技試験

その他の本コースを見る

Page Top