日本屈指のメディカルアロマセラピスト養成専門校「JOTメディカルアロマカレッジ」看護師向けメディカルアロマセラピスト資格紹介

香りの力に、医師も注目
メディカルアロマの導入が進んでいます。

正木クリニック院長 正木 初美先生

少しでも多くの患者さんを元気に。 統合医療の一環として、メディカルアロマの可能性を感じています

病院では、診察をして必要であれば検査をし、お薬を処方しますが、検査で異常がなくても「何となくつらい」「疲れがとれない」という方や、更年期の女性であれば、不定愁訴に悩む方も多くいらっしゃいます。臨床医として日々患者さんと接する中で、西洋医学主流の医療だけではケア出来ない症状があると感じ、一人ひとりをより良い状態に導いていく為には、心身全体を診る代替医療も組み合わせた、統合医療的な観点をもった関わり方が必要なのではないかと感じてきました。日々、患者さんが抱えるつらさをもっと和らげて差し上げられないかと模索する中、出会ったのがメディカルアロマ。自身も施術を受け、予想以上に前向きな気分になれたことに驚き、メンタル面に働きかける力や精油の薬理作用に可能性を感じて、導入を決めました。アロマテラピーなら、薬とはまた違うアプローチで、患者さんの心に寄り添い、皆さんがもっと楽に、もっと前向きに、より元気に過ごせるお手伝いができるのではないかと考えています。

正木クリニック院長 正木 初美先生

Profile:大阪府内科医会理事。日本臨床内科医会専門医、日本内科学会認定医、日本医師会認定スポーツ医、日本医師会認定産業医、正木クリニック院長。女医としての特徴を活かし、女性が気軽に相談できる雰囲気作りや高齢者支援にも力をいれ、疾病の治療に留まらず、予防策の提案や健康維持の為の勉強会を開く等、長年地域医療に取り組む。また、TV(おはよう朝日です等)やラジオ、雑誌等のメディアを通じて正しい医療情報や疾病予防に役立つ情報も精力的に発信。その明るく楽しいアドバイスが人気を集めている。

さまざまな分野での導入事例

~メディカルアロマセラピスト資格を取得し、活躍する卒業生達~

内科での導入事例

(正木クリニック勤務)土屋 理恵さん

様々な不調を癒せる精油の力で、つらい症状を抱える方々の役に立てたらと思っています

看護師として、自分にもっとできることはないかと考えていた時に、ネットでメディカルアロマを知り、これだ!と思いました。その後、病院を退職し、JOTで学んでいた際に、以前に勤めていた病院の院長先生と再会。アロマの可能性に共感して頂き、卒業後、看護師兼メディカルアロマセラピストとして勤務することになりました。今はまだスタートしたばかりですが、患者さんにトリートメントをしていると、手の温もりやホッとする香りのせいか、会話が弾み、以前よりも心が通い合うような気がしています。普段の看護業務ではなかなか一人ひとりとじっくり向き合えませんが、トリートメントの間は一対一で患者さんの状態を確認できます。院内で施術が出来ることを活かし、アロマで何となくの不調を和らげるのはもちろん、将来的には治療が終了し、お薬を辞めた後も良い状態を維持できるようなサポートをしていけたらと考えています。

JOTメディカルアロマセラピスト実践コース卒業

メディカルアロマセラピスト&看護師
(正木クリニック勤務) 土屋 理恵さん

Profile:正木クリニックで看護師として3年ほど勤めた後、小児科へ転職。その後メディカルアロマを学び、正木クリニックへメディカルアロマセラピストとして再就職。看護師として働きながら、院内のアロマルームで施術を担当。

メディカルアロマセラピスト資格が取得できるコースはこちら

訪問看護での導入事例

(法円坂メディカル株式会社・法円坂訪問看護ステーション勤務)天野嘉代さん

痛みがとれた、呼吸が楽になったという患者さんの声に、アロマの効能を実感する毎日です

看護師資格とアロマテラピーの知識を活かしたくて、代替医療を積極的に進める訪問看護の現場へ就職しました。患者さんはご高齢の方が多く、メンタルケアの一環としてアロマを取り入れると、鬱傾向にあった患者さんから「良く眠れるようになった」という声を頂いたり、疼痛緩和のためのマッサージではその効果に驚かれたことも。また、呼吸が浅い患者さんに、胸の筋肉をほぐすトリートメントを行なうと、酸素濃度が上がるのが目に見えて数値でわかる等、現場に出て改めて精油やトリートメントの効果に驚いています。ご病気の方やご高齢の方はなかなか外に出られません。今、本当にメディカルアロマの力を必要としている方々は、自宅にいるのではないかという思いを強くしています。今後は、同じく訪問看護に携わる社内のスタッフにもメディカルアロマの知識を伝え、もっとたくさんの患者さん達にその効能を届けたいと考えています。

JOTメディカルアロマセラピスト実践コース卒業

メディカルアロマセラピスト&訪問看護師
(法円坂メディカル株式会社・法円坂訪問看護ステーション勤務)
天野嘉代さん

Profile:看護師として働く中で西洋医学の限界も感じ、メディカルアロマやハワイアンロミロミを学び、病院で働く傍らサロンも開業。その後育児を経て、アロマやハーブを積極的に取り扱う法円坂訪問看護ステーションへ勤務。

メディカルアロマセラピスト資格が取得できるコースはこちら

産婦人科での導入事例

(しんやしき産婦人科内@homeセラピーCanada) 守屋恵さん

本当に辛いときに辛いと言えない介護や育児
アロマの力で疲れや緊張を取り除いてあげたい

アロマテラピーサロンに勤務していた頃のお客様から、『家族の介護をしていてなかなか家を出れなかった』『毎日の育児に負われて自分のケアをする余裕がなかった』そんなお声を耳にしました。やっとお越し頂ける頃には、心身ともに少し余裕が出てきたから…できれば一番辛い時・誰かに助けて欲しい時にこそ、アロマを利用してもらいたい!介護や育児の一番大変な時に、少しでもアロマに触れてもらうことで、もっと優しく、もっと楽しく介護や育児が出来るのではないか。介護や育児をする方も、してもらう方も、もっと豊かな生活を送ることができるんじゃないか。そんな想いで訪問アロマセラピーを始めました。忙しい毎日も、ほんの一息つくことで、また頑張れる!!そんなお手伝いが出来ればと思っています。

JOTメディカルアロマセラピストコース卒業

メディカルアロマセラピスト
(しんやしき産婦人科内@homeセラピーCanada)守屋恵さん

Profile:アロマテラピーサロンに4年勤務した後、老人介護福祉施設にてアロマセラピーのボランティア活動を2年、産婦人科医院にて産後アロマケアを2年担当。その後独立し@homeセラピーCanadaを主宰。しんやしき産婦人科内またはご家庭への訪問でアロマセラピーを提供。

メディカルアロマセラピスト資格が取得できるコースはこちら

歯科での導入事例

佐野歯科クリニック勤務

居心地の良い環境作りや歯と口腔の健康の為に
歯科医院をアロマとの出会いの場所にしていきたい

父の病をきっかけにアロマを学び、自分が勤務する歯科医院に導入を提案しました。ディフューザーからの香りで治療前の緊張感を和らげたり、鼻の通りが悪い時に精油の香りを吸入して頂いて歯の型取りがスムーズにできたことも。居心地の良さからか院内でゆったり過ごされる方も増えました。アロマは誰もが気軽に使え、心や体の疲れをほぐしてくれるもの。体調が悪いと歯周病にもなりやすく、免疫力をアップさせる精油を使って健康の増進を図ることは、歯の健康を守ることにも繋がります。歯科は乳児からご高齢の方まで様々な人が来院される場所。ここでアロマを紹介することは、予防医学的な観点からも意味があると思っています。地域医療や高齢者医療においても、医師や栄養士等との他職種連携が叫ばれる今、アロマを導入することで、歯科も局所的な治療だけでなく、ホリスティックな視点を持てるようになるのではないかと考えています。

(佐野歯科クリニック勤務)白水雅子さん

JOTメディカルアロマセラピスト実践コース卒業

メディカルアロマセラピスト・歯科衛生士・講師・カウンセラー
(佐野歯科クリニック勤務)白水雅子さん

Profile:公益社団法人兵庫県歯科衛生士会副会長。兵庫歯科学院専門学校非常勤講師。2011年~2014年まで私立大・短大のカウンセリングルームに在籍。佐藤歯科クリニック(兵庫県)勤務。

メディカルアロマセラピスト資格が取得できるコースはこちら

その他の導入事例
患者様向けアロマの勉強会

患者様向けアロマの勉強会

職場環境の良好化

職場環境の良好化

ボランティア活動

ボランティア活動

あなたの可能性を広げるものそれは「メディカルアロマ」に代表される代替医療と近代西洋医学を融合させ、人間が持つ「自然治癒力」を最大限に引き出す「統合医療」に関する深い知識とテクニック。これらの知識と技術を習得した証しとなるのが、内閣府認証 日本アロマセラピー統合医学協会認定メディカルアロマセラピスト資格です。

日本アロマセラピー統合医学協会とは

内閣府認証 特定非営利活動法人である日本アロマテラピー統合医学協会は、21世紀の新しい医療体系として脚光を浴びる「統合医療」に着目。“医療”と“癒し”の両面に精通した公共的な組織として設立されました。西洋医学をベースに、代替医療をバランスよく組み合わせ、一人ひとりの心身をトータルな角度からケアできるメディカルアロマセラピスト、心理カウンセラーなどの資格認定、講演会やセミナー、ボランティア活動の支援など、統合医療の普及や発展に努めています。さらに、最新テクニックや資格取得のための講習会、サロン開業サポートなど、セラピストに向けた様々な支援活動も行っています。

メディカルアロマセラピスト資格を取得するとこんな活動ができます

患者やクライアントに向けて

西洋医学ではフォローしきれない様々な不調に対して、薬を処方するだけでなく、その根底にある心の問題や生活環境などをカウンセリングから導きだし、アロマを使ってケアすることができます。

患者やクライアントに向けて

医療に従事する人に向けて

より良い職場環境が求められる医療現場で今注目されているのがレスパイトケア。
医療従事者をケアすることで、職場環境の改善、ストレスからのバーンアウトを減らすことができます。

医療に従事する人に向けて

自身の活動として

メディカルアロマセラピーの指導者として、セミナーや勉強会を開催したり、普及活動やボランティア活動を行うことができます。また、将来独立してメディカルアロマの教室開講なども可能です。

自身の活動として

日本アロマセラピー統合医学協会認定

メディカルアロマセラピスト資格を取得するには

協会認定校で所定の課程を修了し、メディカルアロマセラピストとしての
認定基準をクリアすることで、初めて資格を取得することができます。

日本アロマセラピー統合医学協会認定
メディカルアロマセラピスト資格対応コースはこちら!

メディカルアロマセラピスト実践コース

現場で「メディカルアロマ」を実践できる
深い知識と技術を身に付ける有資格者向け講座

メディカルアロマセラピスト実践コース

世界保健機関(WHO)のガイドラインが定める定義をもとに、アロマセラピーの芳香療法やトリートメント、心理カウンセリングなどのテクニックが、医療や代替医療として位置づけされている国もあります。このコースでは医療や福祉系の資格取得者を対象に、医療・福祉現場で活用できるメディカルアロマセラピーの手法を、実践的なレベルにまで高めていきます。

取得できる資格

内閣府認証 日本アロマセラピー統合医学協会認定

メディカルアロマセラピスト

心理カウンセラー

カリキュラム概要

メディカルアロマセラピー

消化器系、婦人科系、皮膚科などさまざまな診療科で利用できる精油を使用。精油の種類や活用法、安全な使用法といった基礎知識から、病気のメカニズムを理解し、メディカルアロマを代替医療に組み込む医療への応用まで幅広く学習します。また、毎回ルームスプレーやスキンクリームなど、医療現場ですぐに使用できるアロマクラフトの制作実習も行います。

(1)メディカルアロマセラピー入門
(2)アロマセラピーのメカニズム
(3)精油の化学/基材
(4)精油学Ⅰ
(5)精油学Ⅱ
(6)精油学Ⅲ
(7)メンタルアロマ
(8)医療・健康への応用

クリニカルアロマ

疾患の状態、症状からアロマセラピー療法が可能かどうかを判断し、適切な療法を導けるように様々な配慮が必要とされる高齢者、妊婦、子どもへのアロマセラピー療法を中心とした症状を改善する方法を修得します。皮膚疾患や循環器疾患、肩こりや腰痛、また感染予防など実例によるケーススタディワークも行います。

(1)精油の化学
(2)皮膚疾患と精油
(3)妊婦・子ども・高齢者とアロマライフ
(4)循環器疾患・リンパ系と精油の活用法
(5)筋系・運動器系と精油
(7)ストレスと内分泌系疾患
(8)総論

アロマトリートメント

オイルトリートメントによる肌への刺激は、リラックス作用をもたらします。それにより、神経の興奮が抑えられ、鎮痛・鎮静物質の分泌を促す効果が確認されています。併せて、症状に合わせた精油を加えることで、その薬理作用との相乗効果により症状の改善が期待できます。

基礎医学

メディカルアロマの基礎となる学問領域のひとつです。正常な人体の構造と機能などについて幅広い視点から学習します。生命現象のベースをアロマがもたらす薬理効果と関連付けて習得することができます。

カウンセリング学

カウンセリングを必要とする現場や適性、心構え、基本の手順など、ベースを固めるとともに、来談者中心療法、認知療法、行動療法など、カウンセリングの代表的な手法について学習します。また、授業で学んだカウンセリングの実践演習も実施します。

心理学

メンタルセラピーの基本と役割について学ぶとともに、身近に起こりうる心の病(うつ病・心的外傷後ストレス障害(PTSD)・注意欠如多動性障害(ADHD)など)に関しての理解を深めます。

脳神経学

脳の各器官の働きと視覚と幻聴の仕組みと記憶形成と障害について学習します。併せて絵画療法の実践演習を行うことで、クライアントの精神状態を読み解くヒントを得る手法を習得します。

メディカルマッサージ

マッサージやストレッチの手技を学び、筋肉を伸ばして身体の可動域を広げたり、アロマトリートメントにも応用できるテクニックを習得します。

さらに深めたい方におすすめの講座

クリニカルアロマ研究課程

クリニカルアロマ研究課程

浮腫や緩和ケア、産褥期など
具体的ケーススタディーで
症状改善法をブラッシュアップ

具体的ケースを基にした、実践的アプローチ法を習得します。また、協会が主催する学会等にも積極的に参加・聴講することで、より専門的な知識と人脈を確保します。メディカルアロマの知識を併せ持った看護師として、それぞれの資格が持つ強みを最大限に活かした独立開業を目指せるのも特徴のひとつです。

(1)【クライアントによく見られる浮腫・冷え・筋肉疲労について/座学】
(2)【クライアントによく見られる浮腫・冷え・筋肉疲労について/実技(伏臥位)】(下肢)
(3)【クライアントによく見られる浮腫・冷え・筋肉疲労について/実技(仰臥位)】(下肢)
(4)【クライアントによく見られる浮腫・冷え・筋肉疲労について/実技伏臥位】(背面)
(5)【クライアントによく見られる浮腫・冷え・筋肉疲労について/実技(トータル)】トータル練習:下肢→背面
(6)【高齢者施設・緩和ケア病棟で行うアロマトリートメント/座学】
(7)【高齢者施設・緩和ケア病棟で行うアロマトリートメント/実技】トリートメント:下腿
(8)【高齢者施設・緩和ケア病棟で行うアロマトリートメント/実技】トリートメント:仰臥位下肢・ハンド
(9)【高齢者施設・緩和ケア病棟で行うアロマトリートメント/実技】トータル練習:仰臥位下肢→ハンド
(10)【妊娠期・産褥期に行うアロマトリートメント/座学】施設での導入方法・クライアントの主訴とその理由
(12)【妊娠期・産褥期に行うアロマトリートメント/実技】トリートメント:座位/背面
(13)【妊娠期・産褥期に行うアロマトリートメント/実技】トリートメント:(長)座位/デコルテ・ヘッド
(14)【妊娠期・産褥期に行うアロマトリートメント/実技】トリートメント:(長)座位/下肢
(15)【妊娠期・産褥期に行うアロマトリートメント/実技】妊娠期トータル練習:長座位下肢→デコルテ
(16)【妊娠期・産褥期に行うアロマトリートメント/実技】トリートメント(浮腫・筋肉疲労):側臥位/下肢

クラスについて詳しく知りたい方はこちら

学校見学説明会に行ってみよう

様々な分野のプロが指導いたします

経験豊富な講師陣たち

小野田 浩子 先生

  • 内閣府認証日本アロマセラピー
    統合医学協会認定
    メディカルアロマセラピスト
  • 福本認知脳神経内科
    主任セラピスト

阿波 康成 先生

  • 日本整形外科学会認定
    整形外科専門医
  • 淀川キリスト教病院
    整形外科医師
  • 日本旅行医学会認定医

川本 陽子 先生

  • 内閣府認証日本アロマセラピー
    統合医学協会認定
    メディカルアロマセラピスト
  • 英国IFA認定アロマセラピスト
  • 公益社団法人日本アロマ環境協会認定
    アロマテラピーインストラクター
    アロマセラピスト
  • リフレクソロジスト
  • ナチュラルハーブハウス代表

服部 かおる 先生

  • フラワーロード服部内科医院院長
  • 前三木市立市民病院内科
    主任医長兼健康管理増進室長
  • 医学博士
    ※統合医療に精通し関連著書多数

前川 清恵 先生

  • 内閣府認証日本アロマセラピー
    統合医学協会認定
    メディカルアロマセラピスト
  • 公益社団法人日本アロマ環境協会認定
    アロマテラピーインストラクター
    アロマセラピスト

奥村友香 先生

  • 管理栄養士
  • スポーツ科学修士

坂手 誠治 先生

  • 相模女子大学大学院栄養科学研究科准教授
  • 日本スポーツ健康科学学会監事
  • 学術博士

塩田 夏子 先生

  • 内閣府認証日本アロマセラピー
    統合医学協会認定
    メディカルアロマセラピスト
  • 日本メディカルスポーツトレーナー協会認定
    メディカルスポーツトレーナー
  • 公益社団法人日本アロマ環境協会認定
    アロマテラピーインストラクター

上田 貴弘 先生

  • 鍼師・灸師
  • 上田治療院院長

谷口 順彦 先生

  • 公益財団法人日本空手道連盟
    日本空手道清志館専属
    メディカルトレーナー
  • 日本統合医療学会兵庫県支部
    事務局長
  • 公益社団法人日本アロマ環境協会認定
    アロマテラピーインストラクター
  • NPO法人日本救急蘇生普及協会
    インストラクター

丸山 直樹 先生

  • みつだ整形外科医院
    理学療法室主任
  • 内閣府認証日本アロマセラピー
    統合医学協会認定
    メンタルセラピスト

岡田 昌義 先生

  • 前神戸大学医学部教授
  • 日本血管内治療学会理事長
  • 日本統合医療学会顧問
  • ハーバード大学客員教授

メディカルアロマを学ぶなら
JOTメディカルアロマカレッジへ!

JOTメディカルアロマカレッジなら

不規則な勤務時間の方でも無理なく通えます!

1 無期限で何度でも受講できる無料再受講制度

2 残業や急用でも安心の無料振替受講制度

3 夜間・土日も開講!フレックス制度を導入

4 梅田駅から徒歩7分!アクセスも便利です

コース内容、カレッジについて…
もっと詳しく知りたい方は

制作実習体験+説明&相談会 体験説明会

所要時間:2時間  料金:無料

開催日時:毎月曜 14:30~16:30、毎木曜 19:15~21:00
毎土曜 10:30~12:00 / 12:30~14:30
毎日曜 15:30~17:00

個別相談会

所要時間:60分~  料金:無料

開催日時:毎火曜 15:30~ / 17:30~ / 19:00~
※上記日時以外でご希望の方はご相談ください

見学説明会の流れ

無料説明会

アンケート記入

アンケートをご記入になりお待ち下さい。

スクール説明

コースやサポート制度などのご説明をいたします

校内見学

校内のご案内と授業風景などをご見学いただけます

バスソルト制作実習

体の不調を和らげるメディカル・バスソルトをお作りいただけます

個別相談見学会

アンケート記入

アンケートをご記入になりお待ち下さい。

スクール説明&相談会

コースやサポート制度などのご説明の後、ご質問やご相談にお答えいたします。

校内見学

校内のご案内と授業風景などをご見学いただけます
※ご希望の場合のみ

申込みフォーム

06-6342-8820
資料のご請求はこちら
お名前 (※漢字でご記入ください)
お電話番号
メールアドレス (※半角英数字でご記入ください 例:abcd@efg.or.jp)

(※確認のため、再度入力してください。)
ご希望の説明会   
希望日時を
ご入力ください。

日時:【大阪校】
毎週月曜14:30~16:30/毎週木曜19:15~21:00
毎週土曜12:30~14:30/日曜15:30~17:00※開催日要確認
※上記のカレンダーからお好きな日付を選んでいただき下記に記入して下さい。

日時:【大阪校】
個別レッスン
※限定1席につき、お早目にご予約下さい。

大阪校にて
備考